英語勉強法完全攻略ガイド

英語勉強法、ワーホリ・海外滞在記、格安英会話教室

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スコットランド英語

昨日はサンディエゴ動物園に「一人で」行って来ました。動物園は一人で行っても全然楽しくないってことを痛感したわけですが、雰囲気を味わえただけでもよかったです。
シドニーのタロンガ動物園に行った時もそうですが、動物園の一部はちょっとした丘(人工?)の上にあるので、迷路のように入り組んでたり、登ったり下ったりの変化があって、とても面白いです。
パンダも見れました。人生初パンダ(おそらく)。生で見るととてもカワイイです。

動物園のあとはオールドタウンへ行きました。うーん、特に言うことなし(笑)

その後、ダウンタウンに戻り、映画『Brave』(邦題:メリダとおそろしの森)を見に行きました。「アニメだから英語も聞き取りやすく、リスニングの練習にいいだろう」と思って見ましたが、どうも登場キャラクターたちの英語がかなり訛ってる・・・。
今までもディズニー映画なんかを見てると、『アラジン』では中東の訛りがありましたし、『ノートルダムの鐘』ではフランス語訛りがありました。でも今回はどれにも当てはまらず、ヨーロッパの訛りはあるけど、ブリティッシュアクセント(イギリス英語)もちょっと混じってる感じでした。
「まさかスコットランド英語?」と思いホステルに戻りネットで調べてみると、やはりスコットランドが舞台だったようです。声優陣もスコットランド出身の人だったり親がそうだったり。エマ・トンプソンも声優を務めていることが後でわかったんですが、他の映画の時の彼女の英語とは全然違ったので、今回意識してスコットランド英語で話していたんだと思います。
数日前、ホステルの同じ部屋にスコットランド人が泊まっていましたが、彼らの英語もかなり訛りがきつかったです。

一口に英語といってもいろんな英語があって、そういうのに触れる時ってとても楽しいんですが、それと同時に「勘弁してくれ」って感じですね(笑)。みんな同じ発音、文法、単語で話すなら英語をマスターするのも比較的楽になりますし、統一されなければ英語の種類の多様性が広がるだけで、英語自体が洗練されたり、細かな表現が出来る優れた言語になる、ということには逆行してしまうと思います。第二言語としての性格が強く、シンプルでいないといけない。
人との会話では自分の考えている「思考・感情」を「言葉」で伝えることが大事ですが、そういった点で英語より日本語の方が何倍も優れていると思います。単語の種類も多く、そして語尾の言い回しなどは感情・機嫌・性格までも内包している日本語。日本語で書かれたマンガなら、セリフを見ただけで男性なのか女性なのか、そして誰のセリフなのかまで分かります。英語では「全然」分かりません。ブロークン・イングリッシュを使って、教育を受けてない輩を表現するとか、呼びかけの言葉を変化させるとかそれぐらいしか無いような気がします。
ということで母国語をちゃんと勉強することは大事です。日本語を大事にした方がいいですね。


<ワーホリ・海外滞在記 メニューへ>
<英語勉強法 メニューへ>

| ワーホリ・海外滞在記 | 11:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://english178.blog65.fc2.com/tb.php/215-8c9061a2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。