英語勉強法完全攻略ガイド

英語勉強法、ワーホリ・海外滞在記、格安英会話教室

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヴィパッサナー瞑想とウォーキングツアー

先日はルームメイトが集まって家でちょっとした食事会。
今月から新しいシェアメイトが3人(カナダ人2人とルーマニア人1人)入ってきて、そのうちの一人も参加。
彼女はインドでビジネスをやっていて、インドに関するいろんな話が聞けて面白かったです(あまり聞き取れないから、完全聞き役に徹してましたが・・・笑)

今うちに住んでるシェアメイトは9人ですが、その内の少なくとも3人はインドに中長期いました。その中に瞑想を体験した人もいるのですが、その瞑想が『ヴィパッサナー瞑想』と呼ばれるものです。
あまり馴染みのない方が多いかと思いますが、この瞑想は世界各地で10日間のコース(無料)で受けることが出来ます。
http://courses.dhamma.org/en/maps/001
日本でも京都と千葉で受けられます。
http://www.jp.dhamma.org/index.php?L=12
元々は仏教の瞑想ですが、宗教に関する規制は全くなく、宗教色のするものでもないようです。

この10日間コースのヴィパッサナー瞑想の大きな特徴として挙げられるのが、「10日間、一切のコンタクト禁止(会話・ボディータッチ・目を合わせること・携帯電話など)」です(日本の場合、震災時などはこの限りではありません)。講師への質問などであれば最小限であれば許されているようですが。
そして、1日10時間以上の瞑想。

以前からこの瞑想の事は知ってましたが、インドでしか受けられないものとばかり思っていました。しかし、世界中で受けられると知り、アメリカでも受けられると分かったので、日本に帰る直前にロザンセルスの郊外で8月1日から12日(到着と出発日含む)の間、参加したいと思っています。こうやって長期で時間を取れることはこの先あまりないと思うので。
無料ということもあって人気があるようで、数ヶ月先までほとんどのコースがすでに定員で埋まっており、早速先日申し込みました。承諾のメールが返って来たら参加します。
カナダ・アメリカ滞在の最後に、様々な事を振り返り見つめなおすいい機会になればいいなと思います。

あっ、ということで誕生日(8月7日)は瞑想してるので、誰ともコンタクト取れない誕生日になります(笑)



昨日は無料のウォーキングツアーに参加。
http://www.tourguys.ca/toronto-tours/free-toronto-tour/
トロント・ダウンタウンのシティーホール付近を1時間半かけて散策。
ガイドさんの話す英語は結構速かったですが、とても聞き取りやすく、短いながらもいいツアーでした。
シドニーで参加した時もそうでしたが、こういう無料のツアーはチップで成り立っています。5ドルだけ払いました。
これからモントリオール、そしてアメリカ各地の街を回るので、こういうツアーがあれば積極的に参加しようと思います。

そのツアーにドイツ人の女の子も参加していましたが、ふと「ドイツで数週間滞在してみたい」という思いに駆られました。ドイツ人は好きですし、ある程度の期間滞在して現地の人と交流しないと、その国の事があまりわからないので。
ですが、これは他の機会を探すしか無さそうです。時間も無いし、今日家計簿つけていたら金銭的にも厳しくなってきていることに気付きました・・・。
この事に関しては次回じっくり書きます!


<ワーホリ・海外滞在記 メニューへ>
<英語勉強法 メニューへ>

| ワーホリ・海外滞在記 | 16:35 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

はじめまして

私もWHを考えているのですが、オーストラリアかカナダか迷っています。実際に行っていてどちらがよかったですか?何かアドバイスをいただけるとうれしいです。

| mayumi | 2012/05/07 15:17 | URL |

mayumiさんへ

コメントどうもありがとうございます。
どちらの方がいいか、というのは難しいところです。
まず英語の観点から言えば、オーストラリアは訛りがありますが、それは大きな問題じゃないと思います。オーストラリアもカナダも都市部は移民がかなり多く、カナダの場合、バンクーバーは日本人が多いらしいです。トロントはそうでもありませんが、移民は多いです。ネイティブでも親がアジア人というのはかなり多いです。ですが、いろんな国の人と触れ合えるというのはとてもいい経験なので、これもあまり問題じゃないかと。ネイティブに会うには田舎の街に向かうのがいいです。

オーストラリアにはファームがあります。
あと、オーストラリアは周る街がたくさんあります。海好きなら楽しめるとおもいますし、東京のような都会が好きなら、シドニーかメルボルンぐらいしか楽しめないと思います(それでも東京と比べるとかなり規模は小さいです)。シドニーは楽しかったですよ。ネット環境はあまりよくありません。
あと、気候も大事だと思います。カナダのバンクーバーに行くんでしたら雨季は絶対避けた方がいいですし(雨ばかりで鬱になる人が多いらしいです)、冬の寒さも考慮が必要です(バンクーバー・トロントはそれほどでもないですが、それでもかなり寒いです)。
あと、カナダはあまり周る都市が少ないと思います。
オタワは小さい街ですし、モントリオールやケベックはフランス語圏なので、英語の勉強には適しません。長期ならオーストラリア、短期ならカナダという分け方もできるかもしれません。

mayumiさんのワーホリの目的によってかわってきます。ラウンドしたいのか、勉強に専念したいのか、仕事に専念したいのか、ただいろんな経験をしたいのか、都会好き・田舎好き・海好き、といった情報があればもう少し的確に答えられるかも知れません。

両方行くっていう選択肢もあるかもしれません(笑)
オーストラリアならワーホリ後、アジアを旅行して帰れますし、カナダならアメリカを旅行してから帰れます。

| Minoru | 2012/05/08 01:43 | URL |

ありがとうございます!

コメントありがとうございます!
とても参考になります。
私はワーホリで日本でできないようないろんな経験をしたいと思っています。私は東京は人が多すぎてちょっと苦手ですが田舎であまりやることがないのも困りますよね^^;
気候的にはオーストラリアのほうがいいかなと思っています。ビーチも好きなので^^
オーストラリアならシドニー、メルボルン、カナダなら、バンクーバ、トロントを考えています。
バンクーバの雨季のことは考えていませんでした^^;どうせなら晴れてて暖かい方がありがたいです^^でもカナダも住みやすい国だとよく聞くので迷っています><
両方行くというのもいい考えですねw
このブログでいろいろと参考にさせていただきます!

| mayumi | 2012/05/09 13:17 | URL |

どういたしまして

オーストラリアだとこれから冬で、カナダはこれから夏です。
オーストラリアなら美しいビーチと、内陸(アウトバック)の乾燥地帯、そしてファームでの仕事などがあります。
カナダなら、西にはロッキー山脈がありますし、トロントからであれば、オタワ・モントリオール・ケベックにバスで行くことも出来るので、気の向いた時に友人と短期の滞在というのも楽しいかもしれません。私は来週モントリオールに行きます。冬ならイエローナイフでオーロラが楽しめます。

オーストラリアの方が旅行者が多いイメージです。バッパーにはドイツ人・オランダ人・イギリス人を中心として、数多くのヨーロッパ人がいました。セカンドビザ目的のファームには韓国人が多いみたいです。WWOOFというシステムを利用したファームはとてもよかったです。ぜひ「ワーホリ体験記」でチェックなさってください。「アデレード編」です^^

オーストラリアは最初に行くとしたらとりあえずシドニーがイチバンいいと思います。シドニーから電車で10分ぐらいのボンダイであれば、キレイなビーチがあって、語学学校も充実、人は多すぎないのでいいかもしれません。

何か質問あればまた聞いてくださいね!
カナダはトロントしか来てないので、情報が偏ってしまったらスミマセン^^;

| Minoru | 2012/05/09 14:17 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://english178.blog65.fc2.com/tb.php/181-00b43c81

TRACKBACK

まとめtyaiました【ヴィパッサナー瞑想とウォーキングツアー】

先日はルームメイトが集まって家でちょっとした食事会。今月から新しいシェアメイトが3人(カナダ人2人とルーマニア人1人)入ってきて、そのうちの一人も参加。彼女はインドでビジネスをやっていて、インドに関するいろんな話が聞けて面白かったです(あまり聞き取れないから...

| まとめwoネタ速neo | 2012/05/07 11:33 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。