英語勉強法完全攻略ガイド

英語勉強法、ワーホリ・海外滞在記、格安英会話教室

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カナダ・トロントでTOEIC受験

今日はTOEICの試験を受けてきました。前回がオーストラリアに行く前なので、実に1年3ヶ月ぶり。
TOEICは基本的には日本・韓国・台湾などでしか人気の無い試験なのですが、試験自体はいろんな国で行われています。
ここカナダ・トロントでも日本より規模は小さいですが毎月行われています。料金は税金など全て含めてC$107.35。結果は2,3週間で届くそうです。(追記:12日後に届きました)

会場は『PGIC Toronto』。トロントでは今回はこの会場のみ。時々他の会場でも実施しています。
会場到着指定の時間は11時半でしたが、11時15分頃に着いた時はまだドアが閉まっていました。
11時半ちょうどにドアが開き、スタッフ一人で、一人ずつチケットとパスポートの確認と、写真の撮影をしていました。
受験者の構成としては、自分の教室では、韓国人約10人、日本人4人、インド人2人、イラン人1人でした。
3つの教室で行われたので、全員で50人くらい。韓国人が一番多かったですが、東アジア以外の人も何人かいたようでした。

受付が終わって教室に移動したのですが、特に座席は指定されていなかったので、スピーカーの前の好席を陣取りました。
11時半で指定されていたのに、午後1時まで何も無し。ひたすら待機。ですが、いい席に座るためにも、11時半に来て早めに受付を済ませたほうがいいです。
ちなみに、遅れて来た人達も普通に受付をしていたので、あまりギリギリでなければ、試験開始予定の1時近くまで大丈夫なようです。

教室の様子

TOEIC in Toronto トロント カナダ

TOEIC in Toronto トロント カナダ

入場チケットに『あらゆる私物の持ち込み禁止。このチケットとIDだけ持参。消しゴム付きの鉛筆は支給される』とあったので、折り畳み傘と腕時計はして来たんですが、他のほとんどの人は普通にカバンとか持ってきてました。
そこの会場だけかもしれませんが、その点は全く厳しくありませんでした。ですが、1時に試験官が来ると、荷物は、鉛筆・消しゴム・チケット・IDを除いては全て教室の隅に保管。なんと上着すら許されず。
消しゴム付きの鉛筆は希望者には支給されました。ですが、消しゴムが消えにくい(鉛筆のせいかもしれません)ので、自分で用意したほうがいいと思います。折れたりするのが心配なので、2本は用意しておきたいところ。

日本のTOEICだと、大きな、いかにも高級そうなスピーカーから、ほぼ全てのガイダンスをそこから放送するのですが、カナダは試験官が口頭で説明。1時から始まって、結局1時50分まで名前やアンケートなどの記入に時間がかかりました。
そして1時50分、SONYの小さなCD・MDプレイヤー(だったと思います)に入れてあったCDを再生しリスニングの試験から開始。
先程も言ったように、日本のスピーカーと比べるといかにも安物なのですが、音量も音質も充分。リスニングには全く影響はありませんでした。


前回のTOEICではリスニングは途中からサッパリでしたが、今回はかなり聞き取れるようになっていました。
TOEIC対策をしたことがないので、特にテクニックを使ったりしたことがないのですが、今回で自分なりのペースというかコツみたいなものを掴んだ感じがするので、次回からはもっと余裕を持って、そして集中してリスニングに取り込めそうです。
それに、TOEICの英語は、日常のネイティブの英語と比べると「断然」聞き取りやすいです。TOEICの英語は、アメリカ英語・イギリス英語・カナダ英語・オーストラリア英語(ニュージーランド含む)のそれぞれのアクセント(訛り)で、25%ずつ話されてるんですが、訛りが全然キツくありません。「一般的な英語」として、特に訛りを気にすることなく聞き取れました。

リスニングは45分間100問。そしてリーディングが75分間100問。
ご存知の方は多いと思いますが、TOEICは問題数がかなり多く、最後まで解ききるだけでもかなり大変。一つの問題にあまり時間をかけていられません。

このリーディングでも自分の実力のアップを感じました。
分からない英単語はあるにせよ、全体の文章の意味はそれほど苦労することなく理解できました。この調子で勉強を続けていればいつか満点の990点に届くだろうという手応えは感じられました(ただの幻想だったらどうしよう・・・笑)。
今回、解答速度もだいぶ上がりましたが、それでも最後の10問(大問2問)は時間が足りませんでした。ですが、もう少しの集中力と、練習でこれは近いうちに全問解答出来そうです。

今回が4回目のTOEICですが、1年3ヶ月ぶりの受験ということもあり、今回が一番自分の実力アップを感じられた回でした。まだ結果が出ていないので何とも言えないですが、それなりの手応えと、そして次回にはもっといい点を取れるという手応えも感じました。
初受験の時のあの「疲労感」と「打ちひしがれた感じ」はもう今は無く、TOEICがだいぶ身近に感じられました。


今回いい結果が出るかどうかは分かりませんが、自分の中で自分の英語力アップを感じられたので、それだけでも大きな収穫でした。
TOEICではない、本当の英語力という点ではまだまだ道のりが長いですが、一歩ずつ前進していきたいです。

来月も受けます!


<ワーホリ・海外滞在記 メニューへ>
<英語勉強法 メニューへ>

| ワーホリ・海外滞在記 | 22:59 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://english178.blog65.fc2.com/tb.php/174-c2705c59

TRACKBACK

まとめteみた.【カナダ・トロントでTOEIC受験】

今日はTOEICの試験を受けてきました。前回がオーストラリアに行く前なので、実に1年3ヶ月ぶり。TOEICはは日本・韓国・台湾などでしか人気の無い試験なのですが、試験自体はいろんな国で行われています。ここカナダ・ト回はこの会場のみ。会場到着指定の時間は11時半でした...

| まとめwoネタ速suru | 2012/04/15 12:12 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。