英語勉強法完全攻略ガイド

英語勉強法、ワーホリ・海外滞在記、格安英会話教室

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

英語とフランス語

カナダの公用語は英語とフランス語です。
トロントのあるオンタリオ州の隣はケベック州で、そこではほぼフランス語のみが話されています。
そんな事情もあってか、ここトロントのバックパッカーズホステルでも、ケベックから来たフランス語ネイティブの宿泊者がいますし、受付では英語とフランス語が飛び交っています。街中の表記はいろんなところで英語とフランス語の併記となっています。成田からトロントへの飛行機でもアナウンスは英語とフランス語でした(あと日本語も)。フランス語には全く馴染みないので、「メルシー」と「ボンジュール」ぐらいしか分かりません(笑)

今日はカナダのセブン・イレブンでプリペイド携帯を購入。書類の記入や本人確認の書類なども全く必要なく、とても簡単でした。
街を軽く散策。寒さは思ったほど厳しくありません(最低気温はマイナス3度ほど)。時差ボケがまだ抜けず、日中は眠かったです(昨日10時間ほど寝たのに・・・)

今日は地下道も歩きました。
トロントのダウンタウンは地下道が充実しているのです!
地下道には両隣にお店がずらっと並んでいて、フードコートもたくさんあります。
迷子になるほど、地下道は入り組んでいるので、明日はもう少し遠出し、地下道マップを手に入れに行ってきます!


<ワーホリ・海外滞在記 メニューへ>
<英語勉強法 メニューへ>

| ワーホリ・海外滞在記 | 21:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://english178.blog65.fc2.com/tb.php/156-0970395c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。