FC2ブログ

英語勉強法完全攻略ガイド

英語勉強法、ワーホリ・海外滞在記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

多読は全ての英語力を鍛える

私が海外に語学留学していた時、結局行き着いたのがこの『多読』です。「リーディング」の重要性は本当に痛感しました。

多読は「ひたすらたくさんの本を読む」ことなのですが、まずその利点を紹介します。

英語のスキルをカテゴリーに分けると、「リーディング」「リスニング」「ライティング」「スピーキング」となります。

「リーディング」
多読はたくさんの本を読むので、当然ながらリーディングは鍛えられます。

「リスニング」
英語を聴き取れない大きな理由の一つに「英文の蓄積が少ない」ことがあります。
皆さんが普段日本語で会話してる時もそうだと思いますが、相手の一言一句まで全て聴き取ってるわけではありません。なのに相手の言ってることが理解できるのは、今までの日本語の経験の蓄積によって、聴き取れなかった音声の穴埋めを無意識のうちに行っているからなのです。ですので、いくら音を聴き取ることにだけに一生懸命になってもなかなかリスニングは上達しません。そこで『多読』がとても効果があります。

「ライティング」
多読によって様々な英文のストックが増えるので、実際にライティングで使用する際、文法などを頭で気にすることなく、自然と英語が出てくるようになります。

「スピーキング」
上に同じ



海外ドラマや海外映画を見ていてもさっぱり英語が聞き取れず、結局英文のストックと英単語のストックが少ない事が原因でした。いろいろな英文や英単語が頭に入っていれば、聞き取れたいくつかの単語から全体の文章を無意識に推測する事は難しくないですので。


解決法は、「いろんな本をたくさん読む」

これに限ります。そして、

「読みたい本」を読む。

「読みたい」と思えない本だと、結局最後まで読まないですし、何より苦痛です。

もちろん、多読の恩恵を受けるにはいくつかの注意点がありますのでご紹介しようと思います。


まず、多読は、しばらくの間は「簡単な本」を中心に読みます。単語や文法が難しくない本です。
とにかくたくさんの文章に触れるというのが大事です

簡単な英文ばかり読んでいると、慣れてくる内に頭の中で英語を日本語に置き換える必要が無くなって、日本語に訳すことなく英語の語順でそのまま理解することができる、という効果があります。いわゆる『英語脳』です。

そのレベルまで行かないとしても、たくさんの基本的な英文に触れることは、先述の通り、自分のリーディング・リスニング・ライティング・スピーキングの大きな助けとなります。英語のセンスはたくさんのシンプルな英文達によって磨かれます。


ということで多読の一つ目の目的は『英語脳』

英語脳に変わることでまず英文を読むスピードが上がりますし、『リスニング』『英会話』『英作文』がスムーズになります。


多読の二つ目の目的は『生の英語』

どういった単語・文法・表現が使われているのかを実感出来て、また自分が今まで学習した『基礎英文法』や『英単語』の復習にもなります。たくさんの英文に触れておくことがのちの実践にとても役に立ちます


多読の三つ目の目的は『リスニング』

これは『5章 リスニング』の『多読がリスニングにもたらす効果』で詳しく説明します。



英語力が格段に上がるのはこの『多読』です。英語の勉強の「核」となる部分ですので、楽しみながらいろんな本を読んで下さいね。


おすすめはPenguin ReadersOxford Bookwormsという2つの出版社から出ている本。それと、Kindle版も発売されているCambridge English Reaersから出ている本です(安いです)。
3社とも、本がレベル毎に分かれており、英語学習者の為に簡単な英語で書かれています
Level1から3(Stage1から3)辺りの簡単な本から始めてみましょう。
扱っている本は小説・映画・エッセイ・自伝などとにかくいろいろあります。自分の興味にあったものが必ず見つかります。

次回からは私のいろいろなおすすめの本を紹介していきますが、それと合わせてAmazonのレビューなども参考にしながら是非購入してみて下さい。

また、CD付きのも売ってますので、全てでなくていいので、何冊かに一冊はCDがセットになってる方を選んで購入することをおすすめします。リスニング教材として重宝します(『5章 リスニング』で使用します)


あまり詰まることなくスラスラっと読める為にも最低限の単語力が必要です。ほとんどが簡単な英単語で書かれてますので、『3章 英単語』の『ニンテンドーDSでの英語勉強法』の記事内で扱ったNEW 中学英単語ターゲット1800DSさえやれば、だいたい読めます。

レベルが上がれば上がるほど面白い本が増えるので、Level1やStage1の本はあまり面白くないかもしれません。もちろん面白くない本を無理に最後まで読む必要はありません。読んでいて「楽しい」と思える本をたくさん読んでください。
やはりモチベーションがイチバンですからね!

英単語や英文法の知識がより付いて、英語の語順であってもそのままスラスラ読めて理解できるようになったら、少し難しめの本に手を出しても構いません。それまではなるべく簡単な本をたくさん読みましょう。時々であれば気分転換も兼ねて、少し難しめの本を文法などを確認しながらゆっくり読んでもいいです。それに映画を小説にしたモノなんかだと、先に映画(DVD)を見てから小説を読むとイメージも湧いて読みやすいので少し難しめのレベルの本でも読めます。
映画を小説にした本もたくさんあります(次回以降紹介します)


どれだけ読めば充分というのはありませんが、100万語を目標にしてみませんか?
多読で英語を勉強されてる方は、100万語を一つの目安にされてる方がたくさんいらっしゃいます。

本の裏表紙に語数が載ってますので、それをカウントしていきます。
モチベーションアップの為にも、読み終わったら多読の軌跡を記録することをおすすめします。
一冊どれくらいの時間で読み終わったかも記録し、毎分どれくらいのスピードで読んだかを記録します。TOEICの点数もそうですが、自分の成長を数字という形で知ることは、とても大きなモチベーションになります。


多読を扱ったサイトはたくさんありますので、是非そちらのサイトも参考にしてみてください。「英語 多読」で検索すればたくさん引っかかりますよ。

忘れてましたが、多読はなるべく声に出して読むようにして下さい
1章 発音』の記事内で紹介した本フォニックス“発音”トレーニングBookなどで勉強したことを意識しながら読みましょう。


次回以降、多読におすすめの本を紹介していきます。

多読を楽しみましょう!


次回の英語勉強法は『多読おすすめ本part1

| 4章 多読 | 16:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://english178.blog65.fc2.com/tb.php/15-4ca10733

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。