FC2ブログ

英語勉強法完全攻略ガイド

英語勉強法、ワーホリ・海外滞在記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

英語電子辞書(スマホ辞書)の選び方と英単語勉強法

電子辞書の良い点とは?

「紙の辞書より軽い」
「たくさんの辞書が搭載されている」
「様々な機能が付いている」


ですが、これだけではありません

今回は、「電子辞書の利点」「おすすめの電子辞書」「電子辞書での勉強方法」の3つに加え、スマートフォンの辞書にかんしても紹介させて頂きます。


まず、「電子辞書(スマホ辞書)の利点」


第一に、電子辞書は、「自分から積極的に英単語を勉強するのに適している」

どういうことかと言うと、それは、電子辞書(スマホ辞書)には「単語帳登録機能」があるからです。
日頃調べた英単語を単語帳に登録することにより、それらの英単語の復習をとても容易にしてくれます。この方法に関しては後で詳しく書いています。


第二に、これはありきたりですが、「持ち運びが出来る」

これの恩恵がとても大きいです。
スマホはもちろんですが、電子辞書の中で私が絶対におすすめするのが、ポケットに入るサイズの電子辞書です。

海外で生活をした際に気付いたことですが、簡単に持ち歩けるサイズの電子辞書が「断然」いいです。
日常ふと調べたいと思った英単語があればその場で調べられます。

そして、スマホ含め携帯できる電子辞書がいい一番の理由は、外出中(家にいる時もそうですが)の空いた時間に電子辞書(スマホの辞書)を使って勉強出来ることです(勉強方法に関しては本記事の後半に書いてあります)。

通常の大きさの電子辞書ですと、「いかにも英語を勉強してる」という感じで周りの視線が恥ずかしく感じますが、小さな電子辞書(もしくはスマホの辞書)ではそういうことはありません。
電車の中、食事中(行儀が悪いかもしれませんが)、何かの待ち時間などを利用すれば、ゆうに一時間を超えますので、毎日一時間以上の英単語(ボキャブラリー)の勉強時間を確保できます。

私がオーストラリアにいた時は、外出時に知らない単語を調べては単語帳に登録、図書館や、アパート、バックパッカーズホステルに戻って復習というのを繰り返してボキャブラリーを広げていました。食事中は常に電子辞書で英単語の勉強(行儀悪いかもしれませんが・・・)していました。


他にも電子辞書(スマホの辞書)にはたくさん良い点があります。発音を音声で確認出来ますし、単語を調べる時間も速いです。


次に、「おすすめの電子辞書(スマホ辞書)」を紹介します。


まずスマートフォンの辞書アプリですが、一番メジャーの『ジーニアス英和・和英辞典』が収録語数がかなり多く、オススメです。ほとんどの電子辞書にもこの辞書が収録されています。
人によっては、他の辞書を推す方もいるのですが、この辞書であればとりあえず間違いはないです。

<Android> ジーニアス英和・和英辞典
<iPhone> ジーニアス英和・和英辞典


両方とも4,800円します。ですが、auスマートパスご利用の方でAndroidの方は、月額390円で『ジーニアス英和・和英辞典』も含め様々なアプリをダウンロードし放題です。


一方、私が以前使っていた電子辞書は、キャノンのCanon 電子辞書 WORDTANK A502という辞書です。

Canon 電子辞書 WORDTANK A502


私が考える電子辞書の選ぶポイントとしては、

・英和辞典、和英辞典、英英辞典(できれば)搭載
・音声機能搭載(英語学習初期は特に耳での発音の確認は必須)
・単語帳登録機能搭載(復習するのに必須)
・コンパクトでポケットに入れて持ち運び可。片手でも操作出来ればなお良し。


以上の条件を全て満たしているのが、上で紹介したCanon 電子辞書 WORDTANK A502です。

通常の電子辞書よりも安いですし、レスポンスも早く使い勝手もとてもいいです。リンク先のレビューでも高評価を得てますので、確認してみてください。

スタイリッシュで多機能・高機能な電子辞書を求めがちですが、私はこの電子辞書が、今まで使った電子辞書の中でベストです。



最後に「電子辞書での勉強方法」です。


私の場合ですが、分からない単語があった場合はまず英英辞典で調べます。(スマホの場合は最初から英和辞典で調べましょう)
英単語の意味を英語で調べることによってたくさんの英語に触れることが出来ますし、何より、英和辞典ではつかみにくい英単語の意味のニュアンスを掴むことができます。また、意味のニュアンスを掴むという点では例文をチェックするのがとても重要です。英単語の意味の定義を言葉の説明だけで理解するのはとても難しいので、例文もチェックするようにしています。もちろん先に発音を発音記号で確認します。

そしてその単語は単語帳に登録。後で復習します。

その次に、英和辞典でもその単語の意味と例文も確認します。英英辞典には音声機能が搭載されていないので、英和辞典に搭載の音声機能で発音はチェックするといいでしょう。
ちなみにたいていの電子辞書では英英辞典→英和辞典、英和辞典→英英辞典といったように他の辞書に飛べるようになっています。


ある程度英語力が付いてきた段階であればこの順序とやり方でもいいですが、最初の内はまず英和辞典から調べたほうがいいと思います。

・英和辞典で発音の確認(音声機能利用)、意味の確認、例文の確認。
・英英辞典へ飛び、意味の確認、例文の確認。単語帳に登録。

例文のチェックまでしているとかなりの時間を割くことになります。他の勉強に充てる時間が無くなってしまいそうですが、たくさんの英文(例文)に触れられるという点で、リーディングなどの他の英語力も同時に付きますので、電子辞書に向きあう時間は長くていいと思います。



英単語を覚えるにはやはり「復習が大事」ということで、電子辞書(スマホの辞書)を使った単語の復習法を紹介します(大したテクニックでは無いかもしれませんが…)

先程も述べたように、辞書で知らない単語を調べたら、その都度、全部「単語帳登録機能」で単語帳に登録します(やり方は説明書で確認して下さいね)。
そして、夜寝る前に電子辞書の単語帳を開き復習します。意味をちゃんと覚えたものはそこで削除。それを毎日繰り返すというだけのシンプルな方法です。
私が紹介した電子辞書の場合は、単語帳にある単語にチェックを付けることが出来るので、覚えていたらチェック、次の復習の時にまた覚えていたら削除という形で復習しています。「2回覚えていたら削除」だけではいずれ忘れてしまうのですが、こうやって削除していかないと単語帳にある英単語の数が膨大になり過ぎてしまい、追いつきません・・・。
Android版のジーニアス英和・和英辞典の場合は、しおりが3色あるので、覚えていた度に色を変えていけば、「3回覚えていたら削除」になります。
次回同じ単語に出会い覚えて無ければまた単語帳に登録して復習すればいいので、そこは割りきってどんどん削除しましょう。

私の目標はネイティブに近い英語のスキルを付けるということで、普段使わないような難しい単語でも何でも単語帳に登録して復習していますが、そうでなく、「日常英会話が出来れば十分」という方は、使いそうな単語だけ登録し復習という形でもいいと思います。また、英語の勉強初期の方は知らない単語がまだたくさんあり、単語帳に登録される英単語が膨大になり過ぎると思ったら、よく使いそうな英単語だけ登録して復習してもいいと思います。

ちなみに暗記は寝る前にやるのがイチバン記憶として定着するらしいです。ですが、英単語の復習はとても眠くなりますので(笑)、私は夕方から夜にかけて復習することが多いです。あと眠れない夜なんかは枕元に電子辞書を置いて復習するとすぐ眠くなりますよ(笑)。私は実際、電子辞書を枕元に置いています。



スマホアプリ・ニンテンドーDSでの英語勉強法で3700語の単語を覚えて、次章の多読で調べた単語を『英語電子辞書(スマホ辞書)の選び方と英単語勉強法』(このページ)で復習してボキャブラリーをたくさん増やしましょう!


ちなみに私は、いろいろな書籍やウェブサイトを読んでいるのですが、毎日20個30個の知らない英単語に出会います。まだまだ覚える英単語は多いです・・・。


次回の英語勉強法はついに『4章 多読』の『多読は全ての英語力を鍛える』です。ここから英語の勉強が格段に楽しくなりますよ!

| 3章 英単語 | 17:40 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2017/11/18 17:37 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://english178.blog65.fc2.com/tb.php/13-96c7612c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。