英語勉強法完全攻略ガイド

英語勉強法、ワーホリ・海外滞在記、格安英会話教室

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

外国人の友達作り(日本編)

英語を上達する為に、外国の文化を学ぶ為に、日本で英語を話せる外国人の友達を作りたいという方はたくさんいらっしゃるかと思います。
恋人と違いさすがに毎日会うというわけにはいきませんが、時々会うだけでも英語力は上達しますし、モチベーションも上がり、またとても刺激的で充実した時間を過ごせます。
外国人と英語を話す事に対してのアレルギーも無くなります。

2つ方法を紹介します。

1つ目。

国際交流パーティーに参加

お酒を飲み、食事もしながらリラックスして外国人と会話できるので、外国人の友達をたくさん作れますし、また様々な志を持った日本人とも会えるので、得られるモノはたくさんあります。

私のオススメの国際交流パーティーを行なっている会社は、

日本と世界の架け橋 CosmoBridge

以下、HPからの引用。

CosmoBridgeは、『日本と世界を繋ぐ架け橋』という意味があり、
海外文化や語学習得に興味があるけど、どうすればよいのか分からない、
といった人をサポート出来る場所を提供することを目的としています。

また、外国人に『日本文化を伝える』ことをテーマとし、
日本文化 × 国際交流 × イベント
という新しいスタイルのイベントを作り上げています。


現在、様々な種類のイベントを行なっていらっしゃいます。
各国料理ありのアットホームな国際交流会、BBQ、登山、忍者イベント、盆踊り、花火大会観覧、ハロウィーンパーティーなど様々です。「日本と世界を繋ぐ架け橋」になるという、強い志を持ってやっておられる会社ですので、ぜひ参加してみて下さい。現在は東京で行われています。参加者同士で2次会を行ったりすることもあるので、外国人の友達を作れる可能性は高いです。

CosmoBridgeのFacebookファンページもあります。
こちらの方が、イベントの詳細や様子などがたくさん見れます。



2つ目の方法に関しては次回の日本発、世界で人気のLang-8で英語日記にて紹介します。少し手間はかかりますが、こちらは日本に限らず他の国にいる友達を作ることも出来ますので、こちらもおすすめです。


ということで、次回の英語勉強法は『7章 英作文』の『日本発、世界で人気のLang-8で英語日記
スポンサーサイト

| 6章 英会話 | 17:43 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

英会話基本フレーズ

英語で会話するには、やはり英会話における基本フレーズを知っておいた方がいいです。
こういったものは、文法どうこうではなく決まり文句なので、覚えて使用して習得していくのがいいです。

いくつか紹介させて頂きます。


ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100

この本は、ネイティブが、赤ちゃんからティーンネイジャーに成長するまでに身につけるフレーズを順に紹介していて、また、大人が使う時の応用版も併せて解説してあります。基礎から応用まで利くおすすめの本です。Amazonでも評価が高いです。

ネイティブが書いてるからとても説得力があります。
著者は日本語も堪能の為、日本人とネイティブ両方の視点から解説していてとても分かりやすいです。
100の表現にそれぞれ2ページずつ、そしてとても親切な解説。

実践で使える表現が多いので、本書は英会話における最初のステップとして重宝すると思います。
何度か復習して使えるようにしてみてください。

私が海外で生活していた時は、この本の表現の中からたくさん使わせて頂きました。


この本のシリーズで同じく高評価を得ているのが、2012年1月に発売された続編、
ネイティブなら日本のきちんとした表現をこう言う 英会話きちんとフレーズ100

そして以前出版されたビジネス英語版もとても高評価を得ています。
英会話ペラペラビジネス100 - ビジネスコミュニケーションを成功させる知的な大人の会話術 [CD2枚付]


もっとたくさんの表現を手軽に学びたい場合は、
とっさの言いまわし日常英会話辞典―ビミョーなニュアンスがよくわかる

時々使っていますが、不自然な英語訳が全くありません。少なくとも自分の海外での英語経験から見て、おかしな表現や不自然な表現が見当たらないので、信頼していい英会話辞典です
シチュエーション別に分かれており、掲載量が「かなり」豊富です。
持ち運びに楽なサイズですので、外出中でも空いた時間に便利かと思います。



次回の英語勉強法は『格安オンライン英会話ラングリッチ

ついに実践!


<英語勉強法 メニューへ>

| 6章 英会話 | 12:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

格安オンライン英会話ラングリッチ

英会話スクールというと、大手のNOVA、ECC、イーオン、そして最近ではベルリッツなどが有名ですが、それらには欠点がいくつかあります。

・授業料がかなり高い
・通う時間が無い(勿体無い)
・継続が大変
・グループレッスンだと話す機会が少なく、マイペースで出来ない
・しかしマンツーマンレッスンは高い

私自身も以前英会話学校に通っていましたが、実際に効果が出るまでにはかなりのお金がかかります。
そういった上記の欠点を全て解決してくれるのが『オンライン英会話スクール』です。

特におすすめなのがラングリッチというオンライン英会話スクールです。

良い点は、

・とにかく安い(月4,980円!)
毎日25分の英会話レッスンを受けられる(毎日受ければ月約13時間)
マンツーマンレッスン
在宅レッスン(通学時間ゼロ)
・フリーカンバセーションでもテキストやウェブ記事を扱ったモノでもとにかく授業内容は自由
・予約は必ず取れるし好きな先生を選べる(受講開始時間の15分前まで予約可能、キャンセルは1時間前まで)
・朝から深夜まで授業が受けられる(6時から25時まで)
・ヘッドセットを自分で用意する以外は、受講料の他は費用ゼロ(ノートパソコンなどにマイクが内蔵されてる場合はイヤフォンだけでも大丈夫です)


逆に良くない点は…

・講師がフィリピン人
・講師が直前で変更になることがある


フィリピン人だからといって食わず嫌いしないで下さいね。
フィリピンでは、教育の場、メディア、ビジネスなどでも日常的に英語が使われており、大学の理数系の授業ではむしろ現地のフィリピン語(タガログ語)を使うほうが珍しいとのこと。英語の映画やテレビ番組は字幕なしでほとんどの方が理解できます。(以上Wikipediaより一部抜粋)

それに、ラングリッチの講師の方々は、厳しい選考プロセスを経て採用されてますので、英語力に関してはほとんど心配する必要はありません。

あと、フィリピン人の方の中には英語の訛りが気になる方もいます。
この点に関しては、HPにて各講師陣の音声ファイルがあって発音をチェック出来ますし、その上で好きな先生を選んで予約が出来るので、さほど大きな問題ではありません。
それにラングリッチの講師陣に関しては発音のキレイな方が多く、講師に当たり外れが無いということで、利用者の評価もかなり高いです。


レッスンにはSkypeを利用します。
Skypeとはどういったモノかというと、無料で国内・国外に関係なくほぼ無制限に相手と電話などのやり取りが出来るソフトで、ビデオチャット、音声チャット、文字による通常のチャット、そしてファイルの転送などが出来ます。

そのSkypeを利用してフィリピンにいる講師陣とネットを通じてレッスンしますので、ヘッドセットが必要です(ノートパソコンなどにマイクが内蔵されてる場合はイヤフォンだけでも大丈夫です)。
ちなみに私が使用しているヘッドセットは『SANWA SUPPLY USBヘッドセット MM-HSUSB7W』です。とても満足しているのですが、他にももっと安いモノもあるようですので、以下のリンクよりご参照下さい。
PC用ヘッドセット
USB端子のモノが手軽でいいかと思います。

またSkypeは通常のチャットも利用出来るので、講師の言う事が聴き取れない場合はチャットで入力してくれたりなど、Skypeを利用したレッスンはいろいろな活用法があります。


この「オンライン英会話スクール」は最近とても流行っていまして、フィリピン人講師を利用した格安オンライン英会話は他にもたくさんあります。

私が実際に今まで利用したオンライン英会話スクールは「レアジョブ」と「ラングリッチ」の2つで、比較すると両方ともほぼ同じサービス内容なのですが、私がおすすめなのは上でも紹介した通り「ラングリッチ」です。
ラングリッチは2010年7月に設立されたオンライン英会話スクールでかなり新しい会社ですが、ネットでも評価はかなり高いです
講師の質が高く、講師陣の発音も良いです。それに、フィリピンは通信や電気などのインフラが安定していない為、レッスン中に音声チャットが切れてしまったり音声が良くなかったりすることがあるのですが、ラングリッチの場合はオフィスからレッスンをしているので、通信状態などは安定しており、その心配はあまりありません。
それにレアジョブの場合は授業の時間帯が平日は夜に限られているのですが、ラングリッチは授業の時間帯は朝から夜(早朝6時から深夜1時)までなので、自分の都合のいい時間にレッスンが受けられます。


週に1回や2回ではなく、短時間ではあるものの毎日継続してレッスンを受けるというのはとても効果があります。講師との会話を楽しんで下さい。


通常の英会話スクールより敷居が低く、気軽に始めることが出来ますよ!
英会話の実践はぜひオンライン英会話から始めてみませんか?
無料体験レッスン(2回分)もあります。

ラングリッチ

宣伝し過ぎ!(笑)


次回の英会話勉強法は『外国人の友達作り

| 6章 英会話 | 10:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

英作文より英会話が先?

この章からはまさに実践!

やはり英語学習の大きな目標の一つに「外国人と会話が出来る」というのがあると思います。

英会話を実践して行くに当たって必ずぶち当たる壁が、「アウトプットが出来ない」ということです。
「アウトプット」とは、リーディングやリスニングなどの「インプット」と逆で、ライティングやスピーキングです。自分で文章を考え、表現することですね。

英会話には様々な要素があります。
「発音」「リスニング」「瞬間英作文」など。

発音リスニングに関してはそれぞれ1章と5章で勉強しました。ですが、英会話においては、リアルタイムで「英作文」をして話さなければなりません。しかしアウトプットである英作文に関してはまだ勉強していません(『7章 英作文』で扱います)。

ということは現時点での英会話でほぼ必ず玉砕します…。
それに「リスニング」に関しても実際は相手によっていろいろクセがあって聴き取れないですし、基本的な決まり文句すら勉強していないので「英文法」や「英単語」を勉強していてもスムーズな会話は難しいです。

それでは何故あえてこの段階で「英会話」なのか。
それは、少し背伸びをして、自分の課題を見つけて頂きたいからです。そして英語学習における目標を再認識して頂きたいからです。

当サイト「英語勉強法 - 何から始めたらいいの?」では効率の良い順番で勉強を進めて行くことを軸にしていますが、以上のような理由から、今回はあえて「英作文」より先に「英会話」を扱ってみました。
私が説明するより、ご自身で実際に課題を実感する方が勉強の道筋がハッキリします。

ということで、「英会話」の章は、今後の「英作文」や今までの復習などと並行して、より実践につながる勉強をしていって頂きたいのですが、やはり基本的な受け答えだけでも出来ないと不安だと思いますので、次回はその点を解説していきます。


次回の英語勉強法は『英会話基本フレーズ

| 6章 英会話 | 16:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。